monthly

  2007年10月  

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
防衛省はどうしたのか
TOP ▲
いやゴルフとか以前に。

最先端の防衛技術の発表会のようですが

2ページ目下のほうの
「陸上装備E1」の一番下



…ぼく、色々問題があると思うんだ。


今NHKのラジオ聞いてたら
「卵かけご飯について話し合うシンポジウム」
をどっかでやるんだって…今日…
卵かけご飯に最適なしょうゆとか…
卵かけご飯の食べ比べとか…

しかもNHKのアンカーさんは
これを大真面目に言うから困る
スポンサーサイト
[2007/10/28 00:54] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
アイヤー
TOP ▲
とか言ってたら

出るんじゃん!!!


こ…輿に乗ってるよ…
ワドルディかわいいよ…(そっちか)
ワドルディは出ないのかな…
…出ても戦える気がしないが…

そういえば最近「星のカービィ3」を買ったけど…
この作品が一番グラフィックがかわいいよ…
何このまろやかな絵のタッチ。
本当にゲームのグラフィックか。CGなのか。

芸が細かい作品なんですよ。
イノシシ(正式なキャラ名をしりません)に乗ったワドルディが
振り落とされるサマとか
ナゴやチュチュにいいように扱われるカービィの表情とか
すてきです。
あとはカービィが近づくとチョウが逃げてったり。
タンポポの綿毛が飛んだり。

やりこみ要素もけっこうあるんですよ。
あるステージではロボットの体のパーツを
あらゆるコピーと仲間を駆使して集めないと
ハートスターがもらえなかったり。

「3」はSDXの影に隠れたうえ
Nintendo64が発売されたあとにスーファミで出たので
評価があまり高くない作品ですが
わたしはすきですよ。

…そういえばだれか64いらない人、ください(こればっかり)


しかしこのスマブラ本気でほしいよ。どうしよ。
対戦するおともだちがすくないmiZZさんだけど。
てかWii持ってないしなあ。
Wiiで出る予定のカービィとスマブラのためだけに
Wiiを買うっていうのもなあ。
バーチャルコンソールもあるけど…
ファミコンもスーファミもあるわけだし…

でした。
もうこのひとはどうしようもないよ。
[2007/10/25 21:30] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
最近タイトルが長いよね
TOP ▲
大学生協の「読者マラソン」とかいうのをやってて
こないだようやく10冊分書いて
生協利用券500円分をもらったので
わーい!「カラマーゾフの兄弟」をかうぞー!
と思って喜び勇んで生協に行ったら
品切れだったよー!

え?泣いてない


あと10日で文化祭です。
結構うひゃうひゃしてます。
わーい。つかれた。
いや文化祭とは別件で疲れてるんだけど。

…うまくいったら詳細を書きますね。
[2007/10/24 22:03] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
「オペラ座の怪人」ニュープリント上映 at みゆき座
TOP ▲
今日はちょっとサークルの作品やらなんやらが
一段落ついたので
「オペラ座の怪人」ニュープリント上映 at みゆき座
にいってまいりました。
まああくまで一段落なんで
終わってないんだけどな。

11月はじめまでのリバイバルで
曰く
「オペラ劇場での音の響きを可能な限り再現すべく、映画上映では特殊な、音響設備の調整を施しての上映が行われます。」
でしたが、
耳が慣れてきちゃうとあんまり感動を覚えなくなります。
でも結構色々「おおー」と思いました。
感想は追記からどうぞ。
ぐだぐだになりました。

え?泣いてない
やあね映画ごときで泣くmiZZさんと思うの
え?泣いてない
見終わったあと化粧くずれを心配したとか言わない


帰りはいま話題の銀座ハンズに行ってきました。
おお。オサレだ。
ああ。来年の手帳。
ああ。来年のカレンダー。
ああ。このアクリル棒 作品にぴったりだ。
ああ。アクリル絵の具の品揃えがすくない。

ハンズってもともと
何かを作る人だけに向けた店ではないので
たとえば画材なら画材屋 手芸用品なら手芸用品店
に行ったほうが大概品揃えはいいんですが。
銀座ハンズはとりわけそういうものが少ないと思います。

けどオサレです。
万年筆とかさ。
(「ペンブティック」ってあなた なんて恐ろしい罠を!)
期間限定で出してたハンドメイドの時計とかさ。
私の財布に何の恨みがあるのか。お前たちは。

誘惑に負けず
なんかスキンケアのおためしセットだけ買って
かえりましたよ…
…普段こんなん買わないんだが(負けてる)

いい機会だからシャンプーとかその他見直すか。ちくしょうめ。
続きを読む
[2007/10/20 23:19] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
英訳がついに
TOP ▲
前々からちょくちょく言っていた
学内誌の英訳ですが
今日ついに
担当した記事が
掲載され

した。


元の記事はこちら


いやー
危惧したような
「わたしの英訳文ロクに使われてねえしwww」
という事態はありませんでした。
むしろ結構そのまま使われててびっくり。

でも結構訂正もされてます。うん。
自分で訳してて「…なんか変だな」と思いながらも
適切な訳が思いつかなかった部分とかは
大体訂正がなされてますね。

一番訳に苦労したところですか?

2006年度に受託した科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」-『早稲田大学・研究者養成のための男女平等化プラン』

です。

これ文部科学省から支給される特別予算らしいです。
なので文部科学省のHP(英語版)とか見て
英語での正式名称を探したんですが
見あたらねえの。

昔レポートを書くときに「白書」とか見たくて
探したことがあったんだけど…
省庁のHPってほしい情報がなかなか見つからないよね…

やっと見つけて訳文を
「科学技術振興調整費」まで書いたはいいものの
それ以下の部分の正式名称が…
英語では見当たらなかった…


仕方ないから自分で考えたわけです。
いや考えるのはさして苦じゃないんだけどさ
調べるのにすごく時間を費やしました。
で調べた末に見つかんないとかね。
ホントかなしいよね。
しかもこれぜんぜん記事の本文じゃないとかね。
ホントかなしいよね。


英訳は来月もその次もありマース。
来月の日本語版原稿が来るのは
なんと文化祭の翌日デース。

miZZさんの無事を いのってください。
[2007/10/18 17:27] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
ETV特集 21世紀のドストエフスキー ~テロの時代を読み解く~
TOP ▲
を録画したんですよ。
うちのHDDレコーダー地デジ非対応なんで
CATVのチューナー経由で録ったんですよ。

けどCATVのチューナーの電源途中で切られちゃって
番組の途中が抜けてたヨ☆


それに録画中気づいて
電源入れなおして
なんとか「途中から最後まで見れないまま」
という状態は免れたんですけれど

HDDレコーダーの時計がずれてて
番組の途中で録画が終わってたヨ☆



すっげー
がっかりした。



わたしドストエフスキーすきです。
中学生の頃から好きです。
面白いんですよ。
3年ごとぐらいに
「罪と罰」読み直したんですけど
読むたびに観点が変わってくるますよ。
今年また7月ごろに読んだんですが
エピローグで主人公ががらっと変わる
(ことが示唆される)
そのワンシーン
(わずか数文)
に震えた。
昔はぜんぜん気にしなかった数文だったんだけど。

この番組でも言ってたけど
「カラマーゾフの兄弟」の新訳が
40万部突破して
古典としては異例の売り上げなんだって。
ほしい。

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)


この新訳シリーズ2冊
「恐るべき子供たち」
「神を見た犬」
ちょっと前に買いました。
さすがに読みやすいです。

「恐るべき子供たち」は「罪と罰」と同じくらい好きです。
ああいうキレイで退廃的な世界って
危うくて怖いが惹かれますね。
なんでしょうね。


ドストエフスキーといえばロシアですが
ロシアといえばこの間ちょっと言った
全体主義時代の文化に関する授業。

ちょう面白いです。
やばい。
これはやばい。

…いずれちゃんと書こうとおもいます
(と言いながらきっとまたためこまれる)
[2007/10/17 22:36] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
星のカービィウルトラスーパーデラックスってあなた
TOP ▲
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20071010/ninp.htm

うわああああ

ほ ほしいよ

最近SFC版をようやく買ったけど ほしいよ

・・・しかしミニゲームはふつうに
メガトンパンチと刹那の見切りでいいとおもうんだけどな
夢の泉デラックスのときも
たまごきゃっちゃと早撃ちカービィとクレーンフィーバーで
よかったと思ったんだけどな
なんでミニゲームだけ変えるという微妙な技を毎回やってのけるのか

これ通信でヘルパー2Pにできたりすんのかな
ヘルパーが人間じゃないと
正直「洞窟大作戦」とかちょっとめんどいもんな
まあ一人でやったけど

20071017004547


一人でやったけど。

一番とるの難しいのこの「めいとうサムライ」だった気がします。
次点は「カートのタイヤ」
要するにアクション苦手。


あとスマブラ拳!!もちょくちょく見てますが
すごいことになってますね。

気になってたのはアイテムのこれ
記事の冒頭に星マークついてるってことは
あ、あれ?カービィが出典?
…え?まさか…
(見たことのない人のために
 「つくる」→「アニメのアレをつくってみる」
 を みてね
 この企画1回で凍結してるのは気のせい)

ていうかスマブラナックルジョーも出るのね。キャラじゃないけど。
デデデは?
だいぶ前にも同じ疑問を抱いた記憶があるけどデデデは?


最近忙しくて風邪ひいたりしてどうも書きたいことがかけてません。
前のメモに書いたことは全部書いときたいのに・・・!

でも意欲のないときに無理に書くと
文章がつまんなくなるので
やなんですよね。

そんな折り合い。

でもカービィのことは見つけたとたん書くという。
[2007/10/17 00:59] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
大変だよな。
TOP ▲
英訳オワタ\(^o^)/
ここではよい意味でオワタ

いやー
文化祭もわりかし近くてですね
サークルの作品とかの締め切りとかも大変で
大変でした。

ひとつの記事を二人のボランティアが担当するので、
「わたしの英訳文ロクに使われてねえしwww」とか
そういう可能性もあります。
ドキドキですよ。


しっかし翻訳って大変です。
わたしがやってるのは
文章が伝える「意味」だけが必要な
学内誌という媒体だからまだいいけれど
これが文学作品となると
大変なんだろうなあ…

続きを読む
[2007/10/11 23:58] | | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
ファンタジー
TOP ▲
20071011004758
呉服界が震えるネーミング。
[2007/10/11 00:47] | 携帯から | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
きょうの記憶喪失
TOP ▲
てか昨日の。

小学校の頃「非情口」を考えたのは
わたしではなかったような気がした


わたしが当時そういう地味なネタ絵にはまっていたのは事実なんだけれど、
たしかこの「非情口」は
バスで友達と一緒に帰っていて
非常口を見た友達が
考えたものだった気がする…
…そんなうっすらした記憶がある…

事実関係を覚えている人はご一報願います。
こんなんだれも覚えとらんわ。
[2007/10/08 14:07] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
自由が丘女神まつり
TOP ▲
今日は自由が丘女神まつりにいってきました。

なんという人か

別に商店街のまつりとか普通はたいしたことないんですが
ここの場合自由が丘の(お洒落な)(あるいはそうではない)お店が
街頭にワゴンを出してセールしたりするので
大わらわでした。
そりゃあ9000円くらいのコートが630円になったら
人は群がるよなあ

わたくし一番後ろ髪引かれたのはルピシアのワゴンセール。

「50g入りのお茶…3個で1000円…
 ああ前ほしかったお茶が出てるけど…意外と飲まないんだよなあ…お茶…
 でもこれから寒くなるし…飲むかな…
 いやでも…前買ったのが残ってるし…」


結局買いませんでした。完。


あと自由が丘のちょっとはずれに
art-meter」っていうお店があって
ここがなかなか面白かったでした。

なんか 一平方センチあたりいくら っていう金額で
絵が売られるんですよ。
で売れる画家さんはその単位あたりの金額を上げられるようになってて。

プロでもアマチュアでも自由に(しかも無料らしい)
絵が置けるとあって
中には「ああ、うん、そう」みたいな絵も少なからず…でしたが
面白い作品もいろいろありましてございました。

とくにこの人の作品がすごく好きです。
1枚ポストカード買ってきちまった。うわーい 飾ろう

ただびっくりしたのは
非情口」というネタ、
私小学校の頃落書きで描いたことがある…

いやもちろんコブラツイストはしてなかったんですけどね。
単に逃げようとした人を食ってる口の絵を描いただけなんですけどね。


うん。アートと笑いは結びついてぜんぜん構わないと思うの。
[2007/10/07 22:40] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
a musical biography KOJIMA MAYUMI 2001-2007
TOP ▲
感想をためているCD第二弾。
この記事下書き保存したのが9月23日だよ うわあい

a musical biography KOJIMA MAYUMI 2001-2007
a musical biography KOJIMA MAYUMI 2001-2007


小島麻由美のベストアルバムです。
これは買いました。


…全部のアルバム聴いてる人はぶっちゃけ買わなくていいかもしれません。
ちょっと「…お金、無駄遣いしたかな…」
とかいう念がよぎったよぼく。

ベストアルバムなんで無論昔の曲が入ってるわけで。
ですでにアルバムに収録されてる曲が大半なわけで。
もう少しシングルのカップリング曲とか入ってればなあ…
「刺青」だけだもの…
(いい曲ですけれど)
(ちょっと「パブロの恋人」に似てるかな?
 と思った曲ですけれど)

で多少リミックスされてる曲もありますが
…たぶん声の音源は一緒。
楽器の部分だけ変えてるんだと思います。

最後の3曲
(「黒猫 (New Version '07)」
 「ひまわり (New Version '07)」
 「シークレット・ムーンライト」)
は完全に新バージョン&新曲です。

なんかこの人は歳を重ねるごとに
歌い方と曲がかわいらしくなっていく気がしますよ。
ううむ。「火の鳥」の牧村か。
30代(たぶん)でこのかわいらしさは卑怯だ…

「シークレット・ムーンライト」は
決して小島麻由美らしい凝った感じのする曲じゃないですが
すっと聴ける曲です。
歌詞が微妙に解釈しきれないのはいつもの小島麻由美。
(私の読解力が甘いのか!そうなのか!)


Me And My Monkey On The Moon」と
このアルバムでデビューから今までの小島麻由美を追えると思うので
「小島麻由美の曲あんまりきいたことないよ」って人は
この2枚から入るといいんじゃないかな。
と思ったしだいでした。

ああ肩がこっている。
[2007/10/06 11:04] | CD・DVD | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
ただのメモですよ
TOP ▲
これだけの記事を書こうと思っているさなかに
風邪をひいたりしてるよ!
寒暖差激しすぎるんだよ!ばか!

○NHK「イタリア語会話」がいかに面白いかを切々と説こう
○感想をかこう
・「a musical biography KOJIMA MAYUMI 2001-2007」
・「sun」
・「泥棒」
・「うたううあ」
・「ILLUMINATE」
・最近読んでる本


明日の科目が3限と6限だけとか
ほんと
ばか

あいだの3時間(1限は90分ね)
風邪で重い頭を引きずりながらどうしろというんだい。


ああ、それから、
これ
これ
これなんですよ。

記事は再来週にできる予定。来週提出。キャアア
がんばります。
[2007/10/02 21:07] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。