スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ということで
TOP ▲
長野での生活も今日でENDです。
明日帰宅します。
ただいま長野駅付近のホテルに宿泊ちう。
LANケーブル借りてPCで更新中。
パソコンってホント便利だな…(あらためて)

この1か月PCからネットにつなげなかったため
web拍手などを見ることができておりません。
なんか重要なコメントとか下さった方が
もしも
いらしたら
(↑弱小サイト故の卑屈さ)
再度送信していただきますよう
お願い
申し
上げます。

以下長野せいかつのまとめ。
わたくしがいた場所は標高約1600m前後。
前述のとおり気温低いです。
8月の暑い盛りでも25℃くらい。
東京から「死ぬほど暑いよ」という知らせを受けたとき
「…ここにいてよかったなあ」と思った次第です。誕生日おめでとう。
いろいろ「…ここは…」という要素もありましたが。

1ヶ月間ホテルの寮に寝泊まりしておりましたが
この寮がみごとで

・網戸ない
・しょっちゅう虫が入ってくる
・窓から裏の木々しか見えない
(以上18日の記事参照
・気温が低く日当たりがよろしくないので洗濯物が最長2日間乾かない
・部屋にあるのはテレビ(もちろんブラウン管)とベッドと壊れた棚とタンス
 机がなくて書きものに困った
・入った当初テレビ映らなかった
・あっ あんなところにクモの巣
・あっ ここカビてるわ

そんでもってすごく山の中でしたので、
最寄りのスーパーまでバスで片道1300円かかりました。
それ最寄りじゃない。
ってことで一度も行かずに過ごしました。

バイトの仕事自体は普通です。
ホテルのレストランで料理出しました。俗にいうウエイトレス。
にこやかに応対する自分おもしろい。
あと料理長の子供3人兄弟(8歳・5歳・3歳)になつかれた自分面白い。

あ、でも宴会場掃除してたら
カエルの干からびた死体が落ちてたことがあった

一緒にバイトで入ってきた人(同い年)は
わりかし普通の感じの人で
このあまりの何もなさに退屈しきりって感じでしたが、
私はなんだかんだいって楽しみました。

都会以外で暮らしたことがなかったんですよね。いままで。
でこういうところ初めてきて
最初はやっぱり退屈しきりでしたが
次第に
「…こういう生活の方が性にあってんじゃないかなあ」
とさえ思ったぐらいです。

性格が元来わりと神経質だもんで
周りにいろいろあるといろいろ気になってしまうんですよね。
何かしてないと無駄な時間を過ごしてるような気分になって。

その点この1か月すごい気楽でした。
何もやることがないから。
「何かしないとなー」
→「…何もできないや」
→「じゃあ何もしない」
という考え方。

夜は夜でホテルの温泉毎日入ってたし。
YES!温泉療養
ちょっと外でて雨に降られて寒い時には
YES!温泉療養(療養じゃない)

ちなみに理由は(考えられる要素がいくつかあって)よくわかりませんが
この1か月で体重4kg減りました。
普通のジーンズがローライズになったぜ。
わははは。不便

一度環境変えてみるもんですねー
ここ2年ぐらい自分の世界の狭さを再認識させられることが多いです。

バイト先の人たちとも中途半端に交流を深め
若く一見おとなしそうな支配人が
実はすごく男らしい断定的な喋り方をすること
(パフェの時のコメント参照)や
同じく若くホテル内の飲み物すべてをスマートに扱う飲料担当の人が
実は予想以上に若く(24歳)
全く酒が飲めず(ビールとかも実にスマートに扱ってたのに!)
かなり派手な車に乗っていること
とか
「…人間って深い」
と思わされます。

しかし5歳差って大したことないように思えるけれど
私らが小2の頃に中1だったと考えると
なかなかの差。


明日真田宝物館とか行ってから帰ります。
いま諏訪湖で花火大会やってるみたいですね。
窓から見えます。
…さすがに行く余力はない。
スポンサーサイト
[2007/09/01 20:52] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪かえってきた | ホーム | スクゥエア≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://personalityone.blog15.fc2.com/tb.php/407-39152dd8
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。