archives

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
よい謝意
TOP ▲
20080614132828
土下座。

二つ先の駅まで(すでに迷いながら)歩いてます。たのしい。
[2008/06/14 13:28] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
ウェディング・ラン。
TOP ▲
20080607181510
何を狙ってるのかよくわからない広告@練馬区光が丘。
[2008/06/07 18:15] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
帝国劇場「ルドルフ The Last Kiss」
TOP ▲
っていうのを見てきました。

微妙

ストーリーはアレですね、「うたかたの恋」とかでもおなじみ
オーストリア皇太子ルドルフの悲恋ものですね。
サラエボ事件でヌッ殺された皇位継承者フランツ・フェルディナンドは
ルドルフが自殺したから皇位継承者になったんですよ。

さてもうどっからどう見ても「エリザベート」のファンが狙いのこの作品
何が微妙って
役者が。

なんか全体的に
「下手じゃないんだけどな…
なんか役の雰囲気に対して演技がすんなり納得がいかないよな…」
って感じでした。

S席(12500円)はちょっと損だったかな…みたいな。
続きを読む
[2008/05/11 01:42] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
EHON JAPAN 2008
TOP ▲
いまフジテレビでやってる
EHON JAPAN 2008」にいってきました。

正直民放が若干好きでないので
こういったイベントとか
例えば偶然家の近くで開催したとしたらそこを避けて駅に向かう
ぐらいの勢いでいるんですが、
まあ絵本とあっちゃね。行くしかないぞと。
バイト帰りでお台場についたの5時すぎだったけど行くしかないぞと。
入るときに「開場が6時までとなっておりますがよろしいですか?」って
チケット買ってから言われたけどまあ行くしかないぞと。
だから民放って好きじゃないんだ
(そこは関係ないと思うよ)

展示自体は面白かったです
っていうか展示されてる絵本が面白かったんですが。
時間なかったから「絵本ライブラリー」ってのと
「絵本原画ミュージアム」ってのしか見てなくて。

「絵本ライブラリー」では絵本に贈られる
海外のなんとかいう賞の受賞作が置いてあるのと、
テーマ別に(どういう基準で選ばれてんのか知らないけど)
いろんな国の絵本がおいてありました。

そのテーマ別のところに
「シュール」
というテーマがあって。

こんな絵本がありました。

優雅に叱責する自転車

うんわたしこの本買うよ

内容が筆舌に尽くしがたいので
(書こうとするとストーリーを全部語っちゃうか
絵本の面白さを8割減させる気がするので)
書くことはしませんが。
まあタイトルから推察してください。内容は。
わたしの大好きな雰囲気でした。
こういうの書いてみてええ


この人の「ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで
っていう絵本もなかなかステキです。
Amazonの「おとなの絵本」ランキングでいまのところ3位ですね。
フジテレビのパワーってすごいなあ(そこじゃない)


時間なかったからなー。もう1回行きたい。
けどお台場とおいからなー。往復の交通費と入場料がだいたい同じくらいだもんなー。
だいたい会場で置いてる絵本ショップでは買えないしなー。
なんか目録みたいのがあったらなー。あったのかなー。まあいいや。

さてサークルのホームページでも作るか…
[2008/04/28 21:56] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
現在の彼女に起きている状況
TOP ▲
ugokanai.jpg


…うん、まあ、結局あきらめたんだけどね。

サークルのホームページおわんないよー!
ホームページ作るのがこんなに重労働だなんてしらなかったよー!
睡眠時間が減るよー!体調が崩れるよー!
肩コリがやばいよー!
けど手を抜くのはプライドが許さない凝り性なわたしが大好きです☆


投げつけるならせめてコーヒーゼリーぐらいにしといてください。


この戦争が終わったら俺、ミッヒィーを描くんだ…
[2008/04/28 02:41] | | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪前ページ | HOME | 次ページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。